FC2ブログ

ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア

2010年5月、東京で開催された「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア」とその巡回展の情報ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
2010-06-13

「ティンバライズ建築展-都市木造のフロンティア」巡回展(静岡)のおしらせ

2010年5月末、東京・青山のスパイラルガーデンで開催された「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア」の余韻も醒め遣らぬうちに、第1回巡回展の詳細が決定しました!!

かねてからの予告通り、静岡にて開催します。
題して「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア」in 静岡 !!
直球な感じのネーミングですね(^^);

「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア」in 静岡
 【開催時期】2010年7月24日(土)~ 8月1日(日) 会期中は無休
 【開催時間】9:30~ 17:00
 【開催場所】静岡科学館る・く・る
 【 入館料 】中学生以下:無料、大人:500円(静岡市内在住の70歳以上の方は無料)
 【イベント】トークセッションを企画中です。
 【 主催 】team Timberize
       東京大学生産技術研究所 腰原研究室
       Timberize静岡実行委員会

「入館料」は「る・く・る」に入館するための費用です。入館していただければ「ティンバライズ建築展」は無料でご覧いただけます。
会場の広さや天井高さが違うので、スパイラルガーデンにおける展示内容をそのまま再現することはできませんが、都市木造の面白さが伝わるように鋭意検討中ですので、静岡の皆さまご期待下さい!!

この後も巡回展の企画が幾つか進行中です。
「都市木造」は、日本全国の都市で実現可能なアイディアですから、チャンスがあればできるだけ多くの方々にご覧いただきたいと考えています。「ウチの県でも開催したい」といった企画やご希望がありましたら、お気軽にご相談ください。
詳細は、team Timberizeのホームページまで。
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく
2010-06-01

「ティンバライズ建築展」ありがとうございました

「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア」5/30(日)に、無事にフィナーレを迎えることができました。最終来場者数は、11,000人を突破!! 本当にたくさんの方々にお出でいただき、ありがとうございました。

tim_20100530_01.jpg

数日前にも少し書きましたが、「ティンバライズ建築展」は今後、全国を巡回する予定です。詳細はまたお知らせしたいと思いますが、第一弾は静岡で開催することが決定しています。「ウチでもぜひ開催したい」というご希望などがございましたら、team Timberizeまでメール等でご連絡をいただければと思います。
また、今回の展覧会に関するご意見、ご感想などがございましたら、どしどしメールください。
またまた、もし「木造でビルを建ててみたい」「このプロジェクトに興味があったので実際に建ててみたい」という方がいらっしゃれば、とりあえずご相談から(無料で)いたしますので、遠慮なくお問い合わせください。
こうしたもろもろのお問い合わせ・ご連絡は、下記リンクよりいただければと思います。
team Timberize お問い合わせ・ご連絡先

「ティンバライズ建築展」閉幕後、すぐに展示の解体作業が開始され、瞬く間にすべてが消え去り、大量の木材が静岡へと旅立つのを見送ると、スパイラルは何事もなかったかのように元の姿に戻っていました。それはまさに宴の後という感じで、何とも言えない寂寥感が胸を満たしました…。このような充実した展覧会となったのも、関係各位の皆様のご協力、ご尽力があったからこそと、心より感謝いたします。ご来場いただいた方々の温かい励ましがあって、我々は大きな力をいただきました。本当にありがとうございました。この貴重な経験を次に活かし、team Timberizeは都市木造の実現・普及に向けて活動していきますので、今後とも応援よろしくお願いします。

最後にプチ予告です。8月に、渋谷で小さな展覧会を企画しております。今回とはまったく違う趣向のものとなる予定です。詳細が決まりましたらお知らせいたしますので、今後もteam Timberizeの活動にご注目ください!!
Twitterでつぶやく

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。