FC2ブログ

ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア

2010年5月、東京で開催された「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア」とその巡回展の情報ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
2010-10-06

「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア in なごや」開催迫る

いよいよ今週末より「ティンバライズ建築展 - 都市木造のフロンティア in なごや」がスタートします!!
会場は、瑞穂区役所のすぐそばにある「丸美産業本社ビル」です。これでピンと来た方はかなりの建築通。そうです、高松伸設計の木質ハイブリッド構造を採用した先駆的なビルです。これだけでも十分に一見の価値があるわけですが、そこでティンバライズの展覧会まで見れてしまう、まさに一石二鳥です。ちなみに高松さんは、今回の展覧会を共同主催している「木愛の会」の会長でもあります。
DSC00180_convert_20101006103910.jpg


見どころは何と言っても初日(9日(土))です。展覧会は13時スタート(初日のみ、2日目以降は10時スタート)。

15:30よりオープニングセミナー開催。ティンバライズ・メンバーの腰原・八木・小杉・内海・布施・山田の6名(予定)が皆さんと一緒に展覧会場を廻りながら、展示内容を解説します。その場で質問にもお答えします。もちろん参加は無料、予約も必要ありませんので、ふるってご参加ください。もし参加人数が増えてしまった場合でも、幾つかのグループに分かれてセミナーを開催しますので、きちんとお話を聞いていただけます。我々メンバーと直接交流していただくチャンス(!?)です。

18:00よりトークセッション開催。ゲストは豪華メンバーが揃いました。現在話題の名古屋市長・河村たかしさん、「木愛の会」会長・京大大学院教授である建築家高松伸さん、そしてティンバライズからは腰原幹雄(東京大学生産技術研究所准教授)が参加。「都市木造の可能性-公共建築の未来はどうなる?」というお題を設定していますが、どんなトークが展開されるでしょうか。地方公共団体の予算の使い方について一石を投じている河村市長は、一方で歴史的建造物の保存に熱心に取り組まれていることでも有名。未来の世代に受け継ぐ資産となるべき公共建築について、またその中での木造建築のあり方について、我々ティンバライズの考えを聞いていただき、どのようなご意見が伺えるのか楽しみです。こちらも参加無料、予約も必要ありませんが、入場は先着順(定員120名)とさせていただきますのでご了承下さい。

いかがでしょうか。建築関係者の皆さん、建築を学ぶ学生さんはもちろんのこと、一般の方で建築や木造に興味のある方にも十分に楽しんでいただける内容になっていますので、お誘い合わせの上ぜひご来場ください。お待ちしています。

(kuh)
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://timberize02.blog31.fc2.com/tb.php/47-c3290770

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。